WAKUWAKU Drivers News(ワクドラ)

掲載中の車関連記事 74 件(情報更新日2017年4月1日)

自動車関連

公開日:2016年8月30日 / 最終更新日:2016年12月26日 / 783view

8月31日は「野菜の日」。夏の終わりのドライブは農園レストラン&カフェへ!

このエントリーをはてなブックマークに追加

14081016_10209995046694278_904201352_n

「野菜の日」は1983年、野菜への認識をあげようと全国青果物商業協同組合連合会など9団体が8月31日を「や(8)さ(3)い(1)の日」に制定したのが始まり。8月の終わり頃といえばちょうど、夏バテで体に疲れが溜まっている頃、この機会に栄養満点の新鮮野菜をいただいて体を癒しませんか? そこで今回は、野菜にこだわりのある関東甲信越のレストランやカフェをご紹介。農家が営むレストラン、畑を持ち野菜を自家栽培するお店、地場野菜にこだわり地元の農園とつながるお店など、いずれもフレッシュな野菜料理が自慢。活きのいい野菜が手に入る場所は自然も豊かで、心まで癒してくれることうけあいです。夏の終わりは農園レストラン&カフェを訪れて、パワーチャージしましょう!

1.飾らない本物の農家ごはんを味わえる 百姓屋敷じろえむ/千葉県 

畑の小道を歩いていくと、堂々たる茅葺屋根の長屋門がお出迎え。こちらは代々農業を営む農家のご主人が築300年の自宅の母屋を改装し、家族で営むレストラン。ふだんは農作業をし、予約が入れば「おまかせ御前」で客をもなしてくれます。料理の素材は、1973年から無農薬無化学肥料栽培をしている畑育ちのヘルシー野菜と有機米、裏山で平飼いしている鶏の有精卵、庭の果樹や近くで採れる山菜など。料理をするのは奥さま、昔ながらのつくり方で味噌や漬物を漬け込むのと、竈でご飯を炊くのはおばあちゃん。自分たちでつくったものや身のまわりにある素材でまかなう、昔ながらの農家のごはんを味わえます。定番おかずの卵焼きも「じろえむ」のは味が濃くふわっふわで、別格の美味しさ。食堂となる部屋は神棚やご先祖さまの写真も飾られるなど、リアルに田舎のおばあちゃん家。飾らない本当の田舎、農家体験ができるのも魅力です。これからの季節は新米も楽しみ。完全予約制です。

百姓屋敷じろえむ(千葉県南房総市山名)

 

2.日光ドライブの途中でビタミン補給 農家レストラン みのりの里/群馬県

尾瀬や日光に程近い、標高870mの片品村菅沼にある農家レストラン。レストランの前に広がる8000坪の田畑には野菜、米、ブルーベリーやさくらんぼなどの果実が豊かに実ります。畑で野菜をつくるのはご主人、その野菜を使ってキッチンで腕をふるうのは奥さま。料理はイタリアンをベースにした創作料理で、人気メニューは季節の野菜をアレンジしたパスタと「ライ麦のピッツァみのり風」。ピッツァは、大ぶりサイズの香ばしいクリスピー生地の上に自家製のトマトソースとソーセージ、季節野菜が溢れんばかりにのっているレストラン名物。採れたて野菜や果物のフレッシュジュース、毎朝焼かれるモチモチ食感の自家製米粉パンも人気です。西に上州武尊山、南方に赤城山を望む景色もご馳走のうち。農園では収穫体験もでき、夏の間から10月くらいまで楽しめます。関越自動車道の沼田ICから日光方面へ40分くらいの場所にあり、日光方面へのドライブコースに組み込むのもおすすめ。

農家レストラン みのりの里(群馬県利根郡片品村)

 

3.オーガニックな料理と空間に癒される田園のカフェ mikumari/栃木県

田園地帯に建つ一軒家カフェ。野の花が咲く庭を抜けて扉を開けば、心安らぐ空間が待っています。「みくまり」とは古い日本の言葉で「水分り」と記し、山から流れる水が分かれる場所の意。「恵みを分け与える場所となるように」との願いがこめられているそう。オーナーは益子の人気カフェ「starnet」の出身。地産地消にこだわり、料理に使われる素材のほとんどが地元農園で採れた新鮮野菜やオーガニック肉です。料理は、素材の味を活かした野菜が主役のフレンチ風。盛り付けも美しく、目の前にプレートが置かれた瞬間に幸せになります。お腹に余裕があれば、ケーキの盛り合わせもぜひ。店内は白壁と木のナチュラルな空間。階段や梁、家具には古材が使われ、懐かしい空気を醸し出します。田園風景を望む窓際の席、屋根裏部屋の席など、どの席に座ろうか迷ってしまいそう。訪れる際は予約が確実です。北関東道上三川ICより約20分。

mikumari(栃木県芳賀郡芳賀町東水沼)

4.野菜、ハーブ、花、葡萄畑に囲まれて過ごす農園リゾート ヴィラデストカフェ/長野県

上信越自動車道の東部湯ノ丸インターから4キロ。長野県東御市の標高850mの丘の上にあるヴィラデストガーデンファーム&ワイナリー内の農園カフェ。オーナーはエッセイストや画家としても知られる玉村豊男氏です。敷地には7ヘクタールの葡萄畑と、野菜やハーブ農園、草花のガーデンが広がり、農園の野菜やハーブの料理、葡萄から育てて醸したワインを愉しめる贅沢な場所。食事は11時から14時のヴィラデストランチコースを中心に、10時からのモーニングや14時以降のレイトランチ、アラカルトも用意。生命力溢れる農園の風情をそのまま皿にうつしたようなフレッシュな料理で、採れたて野菜を満喫できる前菜から自家製パン、地元信州産のお肉が供されるメインディッシュ、最後のデザートまで感動が続きます。食前食後には、丹精こめて手入れされたガーデンや農園を散策して過ごすのがおすすめ。丘の上から北アルプスや穂高連峰の山並みも見晴らせて、広々とした空、爽やかな風、ハーブや花の香りに、心身ともにリフレッシュできます。遠方からでも訪れたい、まさにリゾートのような農園。ランチの予約についてはHPを要確認。

ヴィラデストガーデンファーム アンド ワイナリー(長野県東御市和)

 

5.野菜たっぷりの煮込み料理で朝食を nicomi831/山梨県

中央道長坂ICからクルマで約10分、八ヶ岳南麓にあるテイクアウト専門の農家レストラン。店舗はオーナー自作のミニ・ログハウスで、小窓から料理を注文して受け取るスタイルです。「自分たちが食べたいと思う野菜を食べたいと思う料理で」をコンセプトに、オーナーが店の前にある畑で種を撒くところから無農薬で育てた野菜を、時間をかけてコトコト煮込んだ料理を提供します。季節や収穫によって変わるメニューは、スープをメインに、カレーやサンドイッチ(土日祝のみ)、パスタ、自家製無農薬米のいなり寿司なども登場。中でも、たくさんの種類の野菜を使い、手間暇かけて作られるミネストローネはぜひ味わいたい逸品。健やかに育った野菜たっぷりの煮込み料理をいただけば、それだけでお腹も心も満たされます。料理は店舗に隣接する気持ちのいいテラス席で、店の畑を眺めながらいただけるのも嬉しい。煮込み料理は真空パックも可能、自宅でも楽しめます。開店は金、土、日曜の週末と祝日。朝7時から営業しているので、朝ごはんにいただくのも良さそうです。

nicomi831(山梨県北杜市大泉町)

office tama