WAKUWAKU Drivers News(ワクドラ)

掲載中の車関連記事 74 件(情報更新日2017年4月1日)

自動車関連

公開日:2015年4月11日 / 最終更新日:2016年5月30日 / 4285view

【恋にブレーキをかけてしまう】残念な運転お作法5選

このエントリーをはてなブックマークに追加

恋にブレーキをかけられた女性
普段あまり運転をしていなくても、たとえペーパードライバーであっても、助手席に座っている女性は、男性が想像する以上に厳しいまなざしで運転するあなたの一挙手一投足を見ています。普段から車を運転している女性ならなおの事、鋭いジャッジに……。あなたの運転席での操作はもちろん、他の車に対しての接し方や車内の様子は、せっかく芽生えた恋にストップがかかる危険を秘めています。どんな運転が彼女の心に強力なブレーキをかけてしまうことになるのか「残念な運転5選」をあげましょう。

01.運転の操作が荒っぽい!きっと私への扱いも雑に違いない!

「運転が荒っぽいと、私への扱いも雑になるのでは?」と感じる女性は少なくありません。とくに「運転に自信がある!」という方の中で、例えば信号が青になったと同時に急発進する人やブレーキをかけるタイミングが遅かったり早かったりと定まらない運転をする人は、ある意味、まったく同乗者の気持ちを思いやることが出来ていないともいえます。

助手席に座っている人が今どういう気持ちでいるのか? 客観的に自分の運転を見つめて、相手の立場にたって寄り添ってみることも、恋のはじまりにとても大事なポイントです。

02.周囲の車に対して優しくない。イコール、あなたは自分勝手な人。

断固として道を譲らない人、横断歩道は歩行者優先が原則なのに、車が優先とばかりに通過する人。こういうシーンを目の当たりにした助手席の方は不快な気持ちに包まれます。さらに運転時の行動は、そのまま運転者の性格としてジャッジされてしまいます。

断固として道を譲らない人=融通が効かない、我儘で意地悪な人。歩行者に優しくない人=自分勝手、非常識な人……などなど。恋がはじまるどころか評価はマイナスです。

 03.ミスや間違えたときこそ真価が問われます!

迷わず、一発ですっと駐車することが出来る人は、確かに評価は高いですが、たとえ切り返しを多めにしたとしても安全に、焦らず停めることが出来ればその場はやり過ごすことが出来ます。それなのに、駐車が一発で決められなかったことに対して「横の車が邪魔だった」とか「この車は回頭性が悪くてね」など、言い訳がましいことを言ったり、焦りを露わにするのは器の小ささを披露しているようなもの。

道を間違えたときも同様。極端に焦ったり、イライラしたりせず、地図を確認するために安全な場所へ停車して道順をチェックしたほうが断然心にゆとりがある大人の選択です。

ミスをしたり、間違えたときこそ、深呼吸して平常心を保つこと。あたふたするだけならまだしも、焦って逆ギレを披露した瞬間に、その恋、終了―――です。

 04.音楽のチョイスはあなたのセンス

「ざんねんだったドライブデートは?」と色々なドライバーに質問してきましたが、必ずと言っていいほど上位にランクインするのが「車内音楽の不一致」です。

「終始、アニメソングだった」、「ずっと昔のアイドルっぽい音楽が流れていた」、「大音量でヘビィメタルだった」など意見は多数。車内の音楽は限られた空間だけに印象が強く残りやすいので、ふたりの関係が築けていないうちはあたりさわりのない音楽を流しておくことが無難。

「ずっと同じ曲がリピートされていた」というカオスな状況を経験した方も。

05.車内のニオイ対策はおもいやりケアのひとつ

女性はとかくニオイには敏感。最近ではやはりタバコのニオイには厳しい意見が増えています。以前、女性ドライバーを応援するサイト「カーユニウーマン」で女性ドライバー100人に「車内で気になったNGなニオイ」を調べたところ、上位3位は下記のとおり。

1位 タバコのニオイ
2位 ホコリのニオイ
3位 香りがきつい芳香剤のニオイ

ドアを開けた瞬間のニオイが自分の車のニオイ。消臭除菌スプレーでのお掃除、また布製シートやフロアマットはニオイが染み付くので定期的に拭き掃除を施してあげるとニオイ対策になります。

芳香剤が苦手な方を車に乗せるときは無香料のものに取り換えるのも一つの手。自分の部屋と同様、車内に招く時は“おもてなしケア”としてニオイ対策は施しておくと安心です。

まとめ

「そんな面倒な審判をくだされるなら、車に乗せるもんかっ」と思う方もいるかもしれませんが、逆に考えれば高得点を獲得できるチャンス。車に乗せた時点で、あなたの運転に身も心もある意味預けている……ともいえるので、そこで多いに優しさを発揮すれば何倍もの優しさやおもいやりを伝えられるはずなのです。

ドライブはぐっとふたりの距離を縮めてくれるツールのひとつ。デートまでは誘えなかったとしても“家に送る”というシチェーションでもOK。丁寧な運転で、周囲の車への気配り、歩行者への優しさを発揮する。そんなしごく当たり前の安全運転と安全への配慮が彼女のハートをキャッチするテクニックにもつながります。

セーフティドライブで恋も手に入れる! 賢く素敵なドライバーを目指してくださいね。
健闘を祈ります!

この記事の関連タグ

鈴木 珠美(すずき たまみ)

ヨガ講師/カーライフアドバイザー/モータースポーツ記者。株式会社三栄書房にて、オートスポーツ誌、オプション誌の編集部員を経て独立。独立後は女性誌、ブライダル誌にて「女性のライフスタイル」企画に携わり、編集執筆と同時に車の専門誌の編集記者として活動。2006年~女性のためのカーライフマガジンの編集長を経て、車の楽しみ方、付き合い方レシピ等「車生活」をあらゆる角度からプロデュースするオフィスタマ株式会社を設立。個人では、カーライフアドバイザーやドライブデート評論家として執筆、ラジオ、セミナーに出演。車内の香り選び、お掃除術、成功するドライブデートプラン、運気をアップする車内の整理整頓術などドライバー視点で興味のあるテーマを取り上げて発信している。またヨガ講師としても活躍。事故ゼロを目指して、ドライブの疲れを癒すヨガ、集中力を高めるヨガなど監修執筆も行っている。